FC2ブログ

冬の海・・・夜

冬の海は

決して
俺を飲み込んだりしない

夜の海を独り占めるとき
孤独は贅沢だと知る

頬を撫でていく透明な風に
俺は奮い立つ

天に君臨する星々

一人対峙すれば

大なるものの
小なるものへの愛が降り注ぐ

小さいからこそ
大きくなりたいと願う

そっと心を解き放つ・・・
受け入れてくれるだけでいいのだ


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ





スポンサーサイト

いつの間にか・・・

目に見えるものだけで
決めようとしている

耳に聞こえてくることだけに
頼ろうとしている

いつの間にか・・・
揺らいでいる・・・

今こそ感じるのだ!

見えないものを見る
聞こえないものを聞く

二人だけの力
失われない皮膚の力

確かにある

鈍らないように
俺はただ
健やかに暮らそう

いつでも受け取れるように


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ











幻影

一人になると
君がやってくる

夜になると
君の幻影が襲ってくる

俺が作り出した君が
容赦なく・・・

体はまだ熱く
声は今も湿っている

現実には得られなかった永遠を
今になって手にするとは

痛みも悲しみも
悔しさも恥ずかしさもない世界で

君は自由になるがいい


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

ため息

遠くなる痕跡

君一人救えず
何のため息か

薄れていく・・・

言葉にする元気も
文字であらわす気力も

君が直面している現実
俺はけっして共有できない

深い闇と知って
それでも重なった二人が

今は大きく乖離して
もう二度とつながることはないのか?

楽観が悲観に代わるというのに

こんなにも冷静で
淡々としている

ため息も悪くない
大きく息を吸う


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

このシナリオ

受け入れたくない・・・

頑なな心が

こみあげてくる悲しみを
何とかせき止めている

ふっと浮かんでくる

君の名残に触れるたびに
美しいこの場所に立つたびに

自然に始まったのだから
自然に終わっていくのか?

それもいい

このシナリオは満点だった

演じていることにすら
気づかなかったのだから・・・


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます