fc2ブログ

2022.1.6

降りしきる雪

足元を濡らし
寒さに震え

それでも

誰もが来ることに夢中で
帰りのことなど意に介さず

熱気が熱気を呼び
火照る身体

興奮は武道館をつつむ

22曲もあっただろうか?
時は過ぎてく瞬く間に

40年前の同じ時間を過ごしたかったな

あなたはほんとうに素敵です

走る続けることだけが生きることだと
迷わずに答えて・・・ by SHOGO HAMADA


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
スポンサーサイト



わざわいの前と後

とりまく有機物や無機物は
一切何も変わっていない

俺たち人間だけが

あたかも悪事をなすがごとく
半分隠した顔で

やっと息だけをしている

必要と不必要を
それぞれが明らかにして

不必要どうしは交わることもなく
ないものとなる

わざわいの前と後
分断の時を俺たちは生きる

大切なものの定義が狭まって
多くの大切ではないものが捨てられていくことを

恐れるのみだ


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

変わっていく・・・

俺の中の君は変わることなく
俺だけが変わっていく

君の美しい時間は
いつまでも残されたまま

時々立ち止まっては
後ろを振り返り

小さくなっていくものを
少しづつ 少しずつ 忘れていく

君は恐れるだろうか?
美しい事実が夢と同化していくことを・・・

俺が内蔵する君が
いつまでもそのままでいることを・・・


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

ありがとう

ありがとう・・・
君に届けよ

大丈夫
君に届けよ・・・

空に向かって 海に向かって
呼びかける

君の魂は駆け抜けた

あまりに鮮烈に
あまりに深く 深く 深く 足跡を残して

証しは確かにこの手にある

満足も 心残りも 喜びも 悲しみも
温もりも 香りも まなざしも 吐息も

失われたものの代わりに
俺を満たせよ

永遠に
俺を満たせよ


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ












悲しいね

言葉は後から後から
途切れることなく湧いてくるのに
一向に体を成さない
悲しいね・・・

かすかな声は確かに聞こえているのに
どこにいるのか感じ取れない
悲しいね・・・

失ったものを取り返そうとする君が
後ろにいるような気がして
何度も振り返ってしまう
悲しいな・・・

悲しみは
大切な人を連れてくる

悲しむことは・・・
とても楽しいことなんだな


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ


プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます