FC2ブログ

これから

二人で見ていたものを
一人で見るのだ

二人で歩んだ道は
一人で延ばしていくのだ

君を思い出す
君のために・・・

朝 目覚めとともに
昼 気力みなぎり
夜 眠りに落ちるまで

君を感じる
俺のために・・・

どこにいても
なにをしていても
いつまでも

今までどおり
いつもの俺であることを

君が望んでいると
信じている


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ




スポンサーサイト



深まる夜に・・・

心が疼く
体も疼く

夜は深まる

肌の記憶を失いつつあるいま

心の記憶は
夢か現実か判然とせず
やがて混じりあって曖昧になる

悲しいではないか!

すべてを受け入れ
すべてを委ねたというのに

長い月日も

雑多な過去の上に
ただ折り重なっていくのだ

夜はますます深まる

ああ・・・
君はもういないのだな


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ












届け!

大事な人には
大事だと伝えるのだ

愛する人には
愛していると叫ぶのだ

今日はもう言葉にしたのなら
明日も必ず口にすることだ

大切な言葉を
大切な人に
届ける喜び

心の奥底から湧き出る
熱い思い

涙をよぶ

届くと信じる



ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ



自由になる

肉体を失って
君はかえって自由になる

体の痛みからも
心の痛みからも
解放されて

君は本当のやすらぎを手に入れる

見えないものを見る目と
聞こえないものを聞く耳で

いつでも君を感じている

君は確かにいる
以前よりもはるか近く・・・

時間と空間は取り払われた

君は本当に自由で
俺はそのことを不思議と喜んでいる

涙はなく
悔いもなく

俺はただ受け入れている


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

眠ってしまえば・・・

眠ってしまえばいい

眠ってしまえば・・・

君のいる場所はなくなる

俺はただ免罪符を求めて
深い底に落ちていくのだ

眠ってしまえば・・・

覚めた時は
生に溢れる一日の始まり

音と光と匂いに満ちて
君を追い出すように広がる世界

許してもらったかの如く
夜はもう来ないかの如く

まるで
君は存在しなかったかの如く・・・


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます