スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えた

消えてしまった・・・

君は
君だけが理解する世界に住んで

ただ
時折扉を開けては

俺と交わった

決して長くは続かない

怒りとあきらめの世界

悲しいな・・・
俺が口にすると嫌がった

同情すると怒ったものだ

プライド高く

ゆえに

自分を許せず
自分を傷つけてしまう君だった

立ち入ることを
許されなかったのだ

こちらからは見えない扉
手は届きもしない

愛情だったのか?

もう
すっかり消えてしまった・・・

あの瞬間
童のような無邪気な笑顔

きっと
本物だった



ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ





スポンサーサイト
プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。