美しいものを

きらきらと輝く美しいものを見たい
この手は届かなくても

美しいものを美しいといえる自分でいたい
乾ききった心であえいでいても 

美しいものをいつも追い求めていたい
日常のつまらないものに縛られていても

眩しさに目を背けないことだ
光は感じる者にだけ届く

平等ではない
求める者により多く降りそそぐのだ

俺の目に映る美しいものを
君にも見せることができたなら

こんなに嬉しいことはない


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ





プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます