再び・・・

君とはまた巡りあえるだろう

悲しいことばかりだったから
その時は笑顔で会おう

出会いは明りの少ないところだった
今度は降り注ぐ陽の下がいい

ドライブばかりだったから
たまには電車に乗ろう

冬の芦ノ湖は凍える寒さだった
次はジーンズで来るがいい

あの時・・・
互いに何を求め
何を感じていたのだろう

少なくとも
俺はすべてを許していた

君から伝わるわずかな温もりに
せつなくても触れていたかったのだ

陰に振れた分だけ
陽にかえってくる

その喜びを感じていたかったのだ

再会を果たしたそのあとは・・・

きれいさっぱり
忘れてしまおう



ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ













プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます