不思議な出会い・2

銀座で

待ち合わせたのに
一人で歩き回って
迷子・・・

泣きながら電話してきた

人混み
大都会の喧騒

でもはっきりと
居場所を感じたんだ
何のあてもなかったけれど
はっきりとわかったんだよ

人目もはばからず
泣いている君を
迷うことなく見つけ出したとき

当たり前だと思った
自然に
運命だからって
思えたんだ

それからだね

君と俺との
不思議で
驚きの毎日が
はじまったんだ


ランキングに参加しています
                    
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます