コメント

No title

いつもなにかにおびえるように不安でいっぱいだった
自分。
安心するために人はドアを探して叩き続ける・・・
今の私が言葉を探しているのに似てます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

こんばんは、ゆっこさん。
コメントありがとうございます。

何事も心の持ちよう、あり方、なのかもしれません。
きっとこれからも、さがし続けるでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます