深夜に

深夜に一人
ただ静寂を楽しむ

窓の明かり
時計の音
コーヒーの香り

目が覚めていることの証

君もお前も・・・誰も・・・
邪魔のできない夜だから

せいぜい
答えが見つかることのない
考えごとをするとしよう

時間はあるのだ・・・

憎んでも恨んでも
誰も同情しない

悲しんでも悔しがっても
誰も手を差し伸べたりしない

ときおり頭をもたげて
襲ってくる苦い思い

この冷たい漆黒の闇に
溶けもせず

ゆらゆらと漂い続ける

さあ楽しむのだ

ただ対峙するのだ

ぬくもりなど・・・
不要だ



ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ







スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは!
更新されたのですね!待ってました(*´∀`*)
なぜか闇夜の中で敵と戦う様子が浮かんで・・・・!カッコイイ!と思ってしまった。漫画の読みすぎですね、私。
応援しています!

Re: No title

こんばんは、なによしさん。
いつもありがとうございます。

おそらく絶対に勝てない相手と戦っているのです。
だからカッコワルイですよ。

はじめまして!

はじめまして! 「ゆない。」と申します!
作品いくつか拝見させていただきました!
どれも素敵だと思います。その中で、この作品が特に気に入りました。深夜に一人で考えることってありますよね。そういう時間って無駄なように思えて、なくてはならない時間なのだと改めて思いました。良い詩を読ませてくださり、ありがとうございます!

もしよろしかったら、相互リンクお願いします!

Re: はじめまして!

こんばんは、ゆない。さん。
コメントありがとうございます。

じっくり考える時間は、とても大切ですね。
少しくらい寝不足になっても。

相互リンク、もちろんOKです。
これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます