たぶん・・・

たぶん君は
困っていたんだね

だから
頼ってきたんだろう?

メールの文字の間に

君のしかめっつらが
覗いていたよ

いいじゃない

そんな時は
俺を思い出してくれれば

いいじゃない

ひととき
安らぎを感じてくれれば

いいんだよ
俺はそれだけでね


ランキングに参加しています
                    
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます