スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

No title

久しぶりに、こんにちは。天衣無縫男さん。

今回の詩、いいじゃないですか。
特に前半は、とても詩的で、貴方らしい、
風格すら感じさせる表現で感銘を受けます。

後半「熱狂的で荒々しい分身よ」、ここの表現が
この詩の全体的な奥行きを決めます。

私も毎回格闘するのですが、詩を形ある作品に仕上げるには、
作者のイメージにピタリとする表現、創作のある段階で、
作品自体が自ら結晶化(コスモス化)を訴え始めた時に、
そのパズルにピタリと当てはまるピースが、創作に於いては
厳しく求められると思います。

才能ある若い方。熱い血が流れている貴方には期待しています。

Re: No title

こんばんは、ブルームーン さん。
コメントありがとうございます。

もう少し作品を発表したいのですが、頭の中にあるイメージと言葉(文字)が乖離してしまって
なかなかまとまりません。
もう少し自分と向き合わなければいけないようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。