スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05:17

陽が昇る

言葉にできない高揚感

背中から・・・
俺を包むように

黒い水面は青に変わる
溶けこむことを許してくれるのか

風が軽くなる
白いTシャツがはためく

竿先に伝わる生き物の鼓動

大きくても小さくても
変わらない一つの命

ここに来れば
しがらみも 悩みも 迷いもない

少しの土産がついて
今日もこの海と話ができた

ああ・・・
俺は生きているのだ


*久しぶりに書くことができました。ありがとう。


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ





スポンサーサイト

コメント

こんばんわ
生きているだけでも素晴らしいなと思いました。

Re: タイトルなし

おはようございます、ネリムさん。
コメントありがとうございます。

生きていると実感する、その一瞬が素晴らしいです。
理屈じゃありませんね。

No title

こんばんは、天衣無縫男さん。

少しずつでも心の廃墟に光が差して、新しい生の
扉が開く、命の芽吹きを予感させます。
この辺りで如何でしょう、頑張って詩集を編んで
みられては。節目節目で記念碑を建てることは、
過去と折り合いを付け、未来へとより自由に
なって羽ばたくのに有益と思います。

それに、いつでも手軽に鑑賞できるように
貴男の詩集を自分自身の手元に置きたいと
いうのもあります(笑)。
そう思うのは、果たして私だけでしょうか?

Re: No title

こんばんは、ブルームーンさん。
コメントありがとうございます。

このようなありがたい励ましの言葉をいただけるとは、思ってもみませんでした。
たしかに、とりとめもなく発表するだけで何の整理もしていません。
創作の過程を振り返るためにも、考えてみたいと思います。

いつもありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。