FC2ブログ

晩秋

農家の軒先に 
柿の実 二つ三つ

小さなつむじ風

やがて・・・
窓辺も柔らかく灯る

俺は君を置いては行かない
俺は君を置いては行けない

静かなる孤独
夜の訪れとともに

二人の孤独
二人が一つになった証し

君は一人では行かない
言葉を交わすことはなくても


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ


スポンサーサイト

コメント

おはようございます
秋も二人だと寂しくないなと思いました

No title

こんにちは、ネリムさん。
コメント、ありがとうございます。

すっかり夜が長くなりました。
二人より添って過ごされていることでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます