FC2ブログ

冬の海・・・夜

冬の海は

決して
俺を飲み込んだりしない

夜の海を独り占めるとき
孤独は贅沢だと知る

頬を撫でていく透明な風に
俺は奮い立つ

天に君臨する星々

一人対峙すれば

大なるものの
小なるものへの愛が降り注ぐ

小さいからこそ
大きくなりたいと願う

そっと心を解き放つ・・・
受け入れてくれるだけでいいのだ


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます