FC2ブログ

演奏

君がいなければ共鳴しない

投げつけたボールは
いつも地面に跳ねて音を立てる

悲しみや苦しみをひとまず置いて
喜びだけを分かちあう

求めるものを得て

ためらいもなく
すべてをさらけ出せば

明らかになる

隠された自分
押さえつけた欲望

なんてことはない
特別なことではなかっただろう?

解き放たれた情熱に
思わずたじろいだけれど・・・

フィナーレはいよいよ近づく

最後の旋律は・・・

立ち上がれないほど残酷に


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ










スポンサーサイト



コメント

No title

いつもブログご訪問ありがとうございます。

全ての感情を曝け出す事は容易には出来ないけれど
せめて喜び、嬉しさぐらいは爆発させて、と思う。
爆殺させた感情は、自分では制御出来ないぐらいに
駆け回って、誰彼構わず傷つける結果となる。
だから、最後のフィナーレは「残酷に・・・・」?
人間って残酷ですものね。

どうせ傷つくなら徹底的に傷ついて
そして潔く立ち直ろうとおもいます。

Re: No title

こんばんは、minaさん。
コメントをいただき、ありがとうございます。

すべてを晒すには、愛情よりももっと深い信頼が必要です。
なかなか難しい。
せっかく築いたものを失う。
受け入れるには・・・
残酷な現実が必要なのです。

こんばんは。

一歩を
踏み出すのって
怖いです・・

前を向けるのって
すごいですね。

Re: こんばんは。

こんばんは、ことのはさん。
コメントをいただき、ありがとうございます。

ことのはさんもきっと、小さく一歩を踏み出しています。
気がついていないだけではないですか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます