ささやきに込める思い

逢いたかった・・・

耳元でささやきあう

その距離感が
一番いいのかもしれない

指と指・・・

むせかえる匂い

白く柔らかい肌
黒くかたい肌

まじりあって
のぼりつめる

くらくら
目まいがする

肉体の快感

でも・・・

二週間待って
切なくため息を吐く時の

心震わす快感が

また二人を

きっと
引き逢わすのだ


ランキングに参加しています
                    







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます