夜訪れるこの一瞬

睡魔がまとわりつき
他の何物も必要としない

この一瞬こそ

無防備に

本当の自分がその正体を
現わしているのだ

薄れゆく思考の中に
確実に君は存在している

金も名誉も称賛も
そこにはないというのに・・・


ランキングに参加しています
                    
スポンサーサイト

コメント

No title

はじめまして。
>この一瞬こそ

>無防備に

>本当の自分がその正体を
>現わしているのだ
という部分にとても共感しました。
本当にその通りだと思います。
一瞬だけど、それは本当に無防備に、現れるんだと感じます。

Re: No title

はじめまして、丹都樹恭さん。
コメント、ありがとうございます。

睡魔に引きこまれた
ほんの一瞬に書き上げました。
夢と現実のはざまでは
何の飾りもないんだと
実感したのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます