スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人帰り道

ぽつねんとして
一人歩む帰り道

行きかう人もなく
ただ聞こえるは風の音のみ

寂しくないか・・・・問いかける声
寂しくなんかないさ・・・返す声

たとえこの瞬間が孤独であっても

俺を見ていてくれる男が
確実にいるんだ

つながりを感じられる女が
近くにいるんだ

こころざしを同じくする友が
待っているんだ

ありがたいじゃないか!

涙する理由なんて
どこにもないのさ

ほら
見上げれば
煌々とした見事な月が
真上から俺を照らしている


ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。