標識のない一方通行

もはや
時を告げるだけで
他に用のない携帯電話を

それでも枕元に置き
膝を抱えて今日も眠る

君とのつながりは
こんな貧弱な機械だけが頼りで

しかも
標識のない一方通行の道を
音と文字がただ流れていくのだ

君よ
なにを想う・・・

俺の
体温も匂いも
喜怒哀楽に彩られた表情も伝わらない

君よ
いつまでうずくまっているのか?

俺はもう
さまよいたくないのだ!



ランキングに参加しています
                     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ


スポンサーサイト

コメント

初めまして^^

いつも読ませて頂いてます^^
何だか寂しい中に、前向きな気持ちがあるというか・・・
寂しいトコロが埋まるような・・そんな感じがして。
読んでは力を貰ってます^^


毎日拝見しながらも、愛想なしですみません^^;
今、気付いたんですがブログリンクまでして頂いて有難うございます♪
嬉しいです^^

これからも拝見させてもらいます☆
よろしくデス^^

Re: 初めまして^^

hiroさん、いつもありがとうございます。
たいへん励みになります。

正直に心情をあらわすと、どうしても寂しさが浮かび上がってくるようですね。

これからもよろしくお願いします!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

天衣無縫男

Author:天衣無縫男
詩は心の叫び
閉ざされた心を解放できる
前向きに生きていても
澱のように
沈殿している思いがあるんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもありがとうございます